27.8.25 神仏奉拝(引手力命神社)

この日、引手力命神社(静岡県沼津市)を参拝しました。

御祭神は引手力命とされ、『古事記』において天照大御神を天石屋戸から引き出した天手力男神と同一神と考えられています。

創建年は不明ながら白鳳年間まで遡るともいわれ、延喜式内社の一つです。場所柄、源氏また北条氏からも崇敬を集めてきました。

現在では海上安全の神としても地域の崇敬を集めています。

image1(57)

27.8.25 大東塾十四烈士自刃之處参拝・七十年祭(大東塾)

この日、大東塾十四烈士自刃之處参拝ならびに十四烈士七十年祭が斎行されました。

昭和20年8月25日早暁、当時の大東塾近く代々木練兵場内(現代々木公園内)にて敗戦の責任を取り、「清く捧ぐる吾等十四柱の皇魂誓って無窮に皇城を守らむ」との共同遺書をしたため、大東塾塾長代行・影山庄平翁ならびに塾生十三士が自刃されました。

烈士らが自刃された現場には、自刃之處碑が建立されている他、東京都青梅市大東神社境内には十四士之碑が建立されており、十四烈士の慰霊・顕彰ならびにその精神の継承と恢弘がたゆまず続けられています。

image4(2)

image5(2)

27.8.22 尊攘義軍十二烈士女七十年祭(尊攘義軍顕彰会)

この日、尊攘義軍顕彰会による尊攘義軍十二烈士女七十年祭が斎行されました。

尊攘義軍十烈士は終戦の詔を奉戴するも、敗戦に至った軍部・政界を糾すべく、終戦後、木戸内大臣を襲撃するなどし、愛宕山にて警官隊に包囲され、七十年前のこの日、自決されました。その後、十烈士の後を追い二人の夫人が自決されました。

このお祭りは、毎年、愛宕山の愛宕神社境内「殉皇十二烈士女之碑」前にておこなわれています。

image2(32)

 

27.8.16 全教教研集会抗議街宣(宮城県仙台市)

この日、宮城県仙台市にて開催される全教教研集会への抗議街宣がおこなわれました。

全教は日本共産党系の教職員組合であり、日本共産党の強い指導のもと学校という密室空間において児童・生徒を担保に政治闘争・労働闘争を展開しています。

教職員の労働条件の改善は必須かつ急務ですが、教育現場ならびに教職員による教育の政治的中立性も必要であるはずです。

大行社仙台支部を中心に、北海道総本部、青森支部、相模塾、大行塾、岡山支部、高知支部、中央本部ならびに政治結社一刀社により仙台市内にて全教撲滅・現行教育再検討を訴えました。

image2(31)

image1(56)