26.9.5 第40回国体文化講演会(日本国体学会)

この日、第40回国体文化講演会(日本国体学会)が開催されました。

里見日本文化学主任研究員・金子宗徳氏を講師とし、「『天皇とプロレタリア』を現代に読む」との演題での講演を拝聴しました。

里見岸雄は戦前のマルクス主義思想の高揚期において、『国体に関する疑惑』『天皇とプロレタリア』などの著作をものし、マルクス主義思想を非難するとともに、観念的な明治国体論をも批判した、独自の国体論を提起しました。

講演では、似非国体論への批判やグローバル経済の発展による国民国家の溶解と労働市場の改悪による共存共栄の国体の破壊などへの批判も提起されました。

BwxFOG6CcAAhGu4.jpg large

NHK「英雄たちの選択」 関東大震災 後藤新平・不屈の復興プロジェクト

9月4日午後8時より、NHK「英雄たちの選択」において「関東大震災 後藤新平・不屈の復興プロジェクト」と題した番組が放送されます。

伯爵・後藤新平は、大正13年の大行社創立当時、後援者としてその名を連ねていますが、関東大震災後の「帝都復興院」総裁として辣腕を振るった他、台湾総督としても活躍し、時に「大風呂敷」と揶揄されるほどの桁外れの壮大な構想と政策をもった政治家でした。

http://www4.nhk.or.jp/heroes/x/2014-09-04/10/18154/

26.8.25 神仏奉拝(三社神社)ならびに大東塾14烈士自刃之碑参拝

この日、三社神社(千葉県千葉市)を参拝しました。

三社大神を奉斎するとともに、境内には富士山信仰や修験道に関する碑石などが多く鎮座します。

またこの日、大東塾14烈士自刃之碑を参拝しました。

大東塾14烈士は、終戦後、「清く捧ぐる吾等十四柱の皇魂誓つて皇城を守らむ」との共同遺書をしたため、現在の代々木公園内にて自刃しました。

image(244)