28.4.22~24 シンガポール戦跡・旧日本軍関連施設見学(大行塾)

4月22日から24日まで、大行塾はシンガポールにある大東亜戦争関連の戦跡や旧日本軍関連箇所を見学しました。

シンガポールは大東亜戦争における旧日本陸軍のマレー作戦の最終攻略目標であり、当時シンガポールを統治していたイギリス軍と激戦が繰り広げられました。マレー作戦そのものは真珠湾攻撃より数時間早く開始され、実質的に大東亜戦争開戦の戦闘です。

現在、シンガポールには旧日本軍関連施設はわずかしか現存していませんが、今回の見学では、唯一の旧日本軍関連施設である慰霊塔跡(昭南忠霊塔)はじめ、イギリス軍の要塞であったシロソ砦などを見学しました。「イエスかノーか」で有名な山下大将とイギリス軍との降伏交渉が行われたフォード工場跡は改装中で見学できませんでしたが、その他、華僑関連箇所や華人が多数虐殺された箇所などの見学も行ないました。

image1(103)

 

28.4.8 神仏奉拝(東峰神社)

この日、東峰神社(千葉県成田市)を参拝しました。

同社は昭和初期に千葉県習志野市に伊藤飛行機研究所内において空難者を祀るために建立した「航空神社」でしたが、戦後、伊藤飛行機研究所の伊藤音次郎が同地に入植し航空神社も遷座し東峰神社となりました。

現在は二宮尊徳公を祀り、同地域の人々の崇敬を集めています。

image7(8)

28.4.8 神仏奉拝(札幌護国神社、弥彦神社)

この日、札幌護国神社(北海道札幌市)と弥彦神社(同)を参拝しました。

札幌護国神社は西南戦争で戦病没した屯田兵の御霊の慰霊のために創建されたことをはじめとします。

境内には彰徳苑と呼ばれる慰霊碑群が祭られている一帯があります。

弥彦神社は越後国一之宮弥彦神社を明治時代に新潟から北海道へ入植した人々が勧請したことを創始とします。

両社は札幌市内にある中島公園を中心として至近です。

image6(13)