28.8.22 尊攘義軍殉皇十二烈士女七十一年祭(尊攘義軍顕彰会)

この日、愛宕神社にて尊攘義軍顕彰会による尊攘義軍殉皇十二烈士女七十一年祭に参列しました。

敗戦降伏の戦争責任を糺すべく木戸内大臣を殺害しようとした尊攘義軍は、愛宕神社にて官憲に包囲され、71年前の本日、手榴弾にて自決しました。image3(39)

28.8.19 「全教」教研集会抗議・現行教育の再検討を訴える街頭宣伝

この日、「全教」全日本教職員組合教研集会への抗議と現行教育の再検討を訴える街頭宣伝活動を展開しました。

この日より3日間、全教は静岡市内にて教育研究集会を開催しますが、教研集会全体集会の行われる清水文化会館や教研集会開催本部の置かれる静岡県教育会館において全教撲滅を訴えた他、静岡市内一円にて現行教育の再検討を訴える街頭宣伝を展開しました。

image1(119)

28.8.16 神仏奉拝(羽車神社)・三保の松原見学

この日、世界文化遺産であり国指定名勝である三保の松原と三保の松原内の羽車神社を参拝しました。

三保の松原は『万葉集』でも詠われ、浮世絵などでも題材とされてきました。

また羽車神社は三保の松原に隣接する御穂神社の別宮とされ、地域の崇敬を集めています。

image2(70)

image1(121)

28.8.15 靖国会忠霊祭ならびに終戦の日街頭演説会(大行塾)

この日、大東亜戦争終戦記念日に関連し、靖国会忠霊祭に参列、靖国神社本殿正式参拝をしました。

また、靖国会忠霊祭参列後、大行社大行塾は渋谷駅ハチ公広場にて「終戦の日に想う」と題した街頭演説会を開催しました。

image2(69)

28.8.9 アメリカ大使館・ロシア大使館要請行動(大行塾)

この日、大行社大行塾は、アメリカ大使館ならびにロシア大使館へ要請行動を展開しました。

旧ソ連による対日参戦の日と同時に長崎原爆投下の日でもあるこの日、オバマ大統領の広島スピーチを受けてアメリカ大使館へアメリカの保有する核兵器の削減を要求すると共に、高江・辺野古における米軍基地建設の撤回と在日米軍の綱紀粛正を要請しました。

ロシア大使館に対しては、日ロ両国の関係改善と北方領土返還を実現するべく、旧ソ連による対日参戦を巡る歴史認識の相違に領土問題を含めた日ロ外交交渉の核心があることを指摘し、そうした歴史認識改善の第一歩として旧ソ連の対日参戦の違法性の確認を要請しました。

image1(117)

28.8.9 反ロシアの日統一街宣

この日、大行社各支部は都内一円にて反ロシアの日統一街宣を展開しました。

ロシアに対しては対日参戦と領土の不法占拠という国際法違反を糾弾すると共に、アメリカに対しては旧ソ連へ対日参戦をけしかけた犯罪行為を糾弾し、日本政府に対しては同時にサンフランシスコ平和条約における領土条項の見直しを訴えました。

image1(116)

28.7.24 旧樺太神社跡地見学

この日、樺太・豊原(ロシア名ユジノサハリンスク)にて旧樺太神社跡地を見学しました。

明治38年のポーツマス条約により樺太島の北緯50度以南はわが国へ編入され、明治44年に樺太神社が創建されました。

御祭神は大国魂神・大己貴神・少彦名命の開拓三神であり、旧社格は官幣大社として尊崇を集めましたが、ロシア・旧ソ連の対日参戦により放棄されました。

現在は旧境内地は対日勝利記念広場となり、社殿などは残存していませんが、広場の階段が本殿へと至る参道の面影を残しています。

樺太には樺太神社はじめ多数の神社がありましたが、ソ連の対日参戦により御祭神の燃納・昇神・奉遷が行われましたが、いくつかの神社ではソ連軍の侵攻と占領の中でも神職が命がけで祭祀を継続したとの記録が残っています。

image1(114)